パソコン故障は自己修理で安上がり

マザーボード交換・取外し

注*ここでのマザーボード交換とは自作パソコン等でユーザー自身で交換作業をすることで、メーカーPC等で保証期間中又ショップの保証延長期間中の故障については、それぞれの該当する保証に依り修理交換を依頼する。これは「保証期間中に限る・メーカー製パソコンに限る自作機は対象外」です,また保証期間後は改造自由です。

第一段階 旧マザーボードとCPUクーラーの取外手順へリンクします

@作業前のケース内部
Aボード取り外し準備
Bメモリの取り外し方
Cボード取り外し 
DCPUからヒートシンクとファンを取り外す
Eクーラーを取り外す
FCPUの古い熱伝導シートを取り除く
Gクーラーの古い熱伝導シートを取り除く
作業前のケース内部


第2段階 CPUの取外と取付へリンクします


Aカバーを開放
BCPUを新ボードに取り付け
Cソフトキャップを外す

ECPUを取り付ける 2
FCPUを取り付ける 3

@CPUの取り外し



第3段階 CPUクーラーの取付とメモリの取付へリンクします


ACPUクーラーをボードに取り付ける
Bボードの裏側 1    
Cボードの裏側 2    
Dボードの裏側 3   
Eクーラー取り付け確認 1 
Fクーラー取り付け確認 2 
Gメモリの取り付け
Hソケットとメモリ上の切り欠きの位置  
 

I両手で確実に  
J2枚取り付けて完了
I両手で確実に


第4段階 リアパネルの取外と取付・マザーボードの取付へリンクします


@旧リアパネルの取り外し 1 
A旧リアパネルの取り外し 2 
B新リアパネル取り付け  
Cマザーボードの取り付け  
Dリアパネルの位置確認
Eボードを固定 1      
Fボードを固定 2
Cマザーボードの取り付け 


第5段階 内部コネクタのケーブル類の接続へリンクします



@電源スイッチ、HDDLED、リセットボタン
ケーブルの接続

Aフロッピーディスクデータケーブルの接続
Bフロッピーディスク電源ケーブルの接続 
 

C警告スピーカーの接続
Dケースファンケーブルを接続
Eマイク、ラインアウトケーブルの接続
F 24ピンEATXPWR ATX電源ケーブルの
接続 

G 4ピンATX12V ATX電源ケーブルの接

HSATAハードディスクとDVDドライブ用デー
タケーブルの接続

ISATAハードディスクデータケーブルと電
源ケーブルの接続

D電源スイッチ、HDDLED、リセットボタンケーブルの接続

パーツ交換費用と作業時間目安

マザーボード 
 
マザーボード交換費用は4000円台から

作業時間は3時間ぐらい〜
メモリ 
 
メモリー増設交換費用は2000円台〜

作業時間は30分ぐらい〜
CPU

CPU交換費用は4000円台〜

作業時間は2時間ぐらい〜
ハードディスク 
 
ハードディスク交換費用は5000円台〜
作業時間は30分ぐらい〜
SSD
SSD増設交換費用は5000円台〜  



マザーボードとCPUを交換するにはこちらへ

CPUにCore i73770S・OSは【64bit】Windows8を導入した最新パソコンを組立てよう!

マザーボード交換の詳細解説サイトはこちらをご参照



次ページへ
inserted by FC2 system